Home

新聞 記者 映画 ラスト

. (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ ある日、東都新聞あてに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで送られてきました。 内閣府が主導し、民間が運営するという点が通常とは異なっており目を引きました。吉岡エリカは、編集長から誰が送ってきたのか調査するよう命じられます。 彼女は、日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ちましたが、日本の新聞社で働くことを選びました。彼女の父は、優秀な記者でしたが、誤ったスクープをしてしまい、自殺していました。 しかし彼女は父の死の原因は別にあったのではないかと考えていました。父はもっと強い人だったからです。ですが、父の死の原因を明かす証拠は今となってはもう何も残っていませんでした。 帰宅後も、彼女は懸命に仕事に取り組みます。 一方、外務省から、内閣情報調査室に移動した官僚・杉原は自身の仕事に疑問をもち始めていました。 外務省では上司の神崎から「誠心誠意、国民に尽くす」という信念を教わり、励んできましたが、ここで与えられる任務は現政権に不都合なニュースのコントロールばかり。 上司の多田はこれが日本のためなのだと述べますが、とてもそうは思えないのです。 首相にべったりの御用作家が起こしたレイプ事件では、被害者の女性が顔出しをし、記者会見を行っていました。 逮捕寸前まで行きながら、加害者は寸前で逮捕をのがれ、担当刑事も事件をはずされるなど、裏で大きな力が動いたとしか思えない事件でした。 被害女性の記者会見に出席した吉岡は、彼女の勇気に奮起して記事を書きますが、紙面に小さく掲載されただけでした。 一方、内閣情報調査室は、被害者女性が、野党議員とつながりがあり、ハニートラップであったという筋書きを作り、多田は、関係者のチャートを作れと杉原に命じます。 嘘をでっちあげることに戸惑いながらも、チャートを作ると、それは内閣情報調査室の手でSNSに投稿され、またたく間に、拡散されていきました。 しかし、どこからかそのチャートが週刊誌に流れ、スクープ記事が出ます。多田は杉原を叱責しますが、彼は多田に言われた人物にチャートを渡しただけで、いわれのないことでした。 愛する妻の出産が迫ったある日、杉原は、久々に神崎と酒を交わす機会を得ました。志を持って仕事をしていたときのことが懐かしく思い出されました。 神埼は5年前、ある事件で一人責任を取らさ. 映画「新聞記者」のラストのセリフが胸に刺さる ©映画「新聞記者」 「新聞記者」の見どころは、実際に起きた事件に置き換えて、日本の暗部の「if」を想像することと、もう1つ、自分の身の回りに置き換えて考えてみるのがポイントだ。. はいどうもこんにちは、ミギーです!今回紹介する映画は【新聞記者】 ©「新聞記者」フィルムパートナーズ 第43回日本アカデミー賞作品賞をはじめ3冠達成した作品です。この作品が3冠受賞するなど誰が考えたでしょうか。ハッキリって痛快です. 杉原は、都築の事務室に忍び込み、引き出しにあった大学新設に関するファイルを写真におさめます。それを吉岡に渡すと、彼女は「ありがとうございます!絶対にムダにしません」と感謝してもしきれない様子で応えるのでした。 ついにその記事が一面に載った新聞が世にでました。その日、杉原は妻子の退院に付き添っていました。彼のスマホには上司多田からの着信が. · 日本アカデミー賞にもノミネートされた映画「新聞記者」ですが、ラストの口パク(セリフ)が気になった方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は新聞記者(映画)のラストの言葉はごめん?口パク(意味)は誰に向けてなのか?をネットの声を交えてみていきたいと思います。 新聞記者(映画. (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ 第88回アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』(/トム・マッカーシー)や、スピルバーグの『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』()、ロブ・ライナー監督作品『記者たち 衝撃と畏怖の真実』()など、アメリカ映画は実際の事件に基づいた新聞記者たちの勇気と正義の物語を数多く制作しています。 また、韓国映画も『タクシー運転手』(/チャン・フン)、『1987 ある闘いの真実』(/チャン・ジュナン)といった現代史を扱った骨太の政治映画(どちらもジャーナリストが重要な役割を果たしています)をエンターティンメントとして次々に生み出しています。 韓国映画では、政府のメディアに対するあからさまな介入とメディア側の抵抗を描いたドキュメンタリー映画『共犯者たち』(/チェ・スンホ)という衝撃作もありました。 “忖度”や“同調圧力”という言葉が飛び交う今の日本にあって、こうした社会性のある作品を作るのは難しいのかと常々考えていたのですが、そんな懸念をふっとばす作品が登場しました。 東京新聞・社会部記者、望月衣塑子の同名ベストセラーを原案とした本作は、予想以上にストレートに、日本の政界の暗部と、マスコミ事情に踏み込んでいます。 ここ数年、日本国内を騒がせている現実の政府関連の事件をあからさまに想起させる内容には、よくぞここまで、とエールを送りたい気持ちになりました。 カリカチュアされた政治家や、ラスボス的な黒幕といったものを登場させたりはせず、新聞記者と、国家公務員という職業にたずさわる人物に焦点をあてた地に足のついた描き方も好感が持てます。 ヒロインたちが仕事に取り組んでいる背景に、原案の望月衣塑子、元文部科学省事務次官の前川喜平、日本在住のアメリカ人ジャーナリスト、マーティン・ファクラーの対談がテレビで放映されているという形で映し出されるのも効果的です。 マスコミ、とりわけテレビ界は政府の言葉を単に伝えるだけの御用機関と成り下がっていることがこの対談内でも語られており、そんな中、メディアとして成すべきことは何かと信念を持って行動する記者たちの姿と、真実を隠蔽しようとする政府側との攻防がスリリングに描かれています。 ヒロイン吉岡に扮するシム・ウンギョンは、『サニー. (C)Cinemarche 映画『新聞記者』の藤井道人監督は1986年生まれ、東京都出身。 日本大学芸術学部映画学科在学中から入江悠監督や鈴木章浩監督の作品に助監督として参加し、その一方で脚本家・青木研次に師事します。 19歳から映像ディレクターとしてCMやPVなどの映像制作に携わったのち、大学卒業後はフリーランスとして活動。オリジナルビデオ作品やインディーズ長編映画などで企画・脚本・監督を務めました。 やがて大学時代に知り合った名プロデューサー・奥山和由の提案で伊坂幸太郎の小説『オー! ファーザー』の脚色を手がけ、その数年後に監督へと抜擢され、年に劇場公開された同作によって商業映画監督デビュー。また、同じく年に公開された『幻肢』では第9回アジア青少年映画祭最優秀脚本賞を受賞しました。 現在は映画監督、脚本家、プロデューサーとして、映画・ドラマ・MV・CMなど幅広い分野で活動。 年には監督・脚本を務めた『デイアンドナイト』(1月公開)、プロデューサーを務めた『LAPSE ラプス』(2月公開)、そして本作『新聞記者』が劇場公開されるなど、その活躍は止まることを知りません。.

com 「怪しい彼女」などで知られる韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演. 映画は時代を映す鏡だ。 『新聞記者』は今の邦画には珍しく、時代の流れに「忖度」せず、現在の日本が置かれた状況に真正面から向き合った映画だ。. 『新聞記者』作品情報&予告 新聞記者 : 作品情報 - 映画. (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ 『新聞記者』というタイトルですが、物語は、記者と官僚の対峙と葛藤を描くという構成がとられ、それぞれの立場から真相に近づいていく過程が見どころとなっています。 一方で、新聞記者の面々にもう少しスポットライトがあたってもよかったのでは?という思いもあります。とりわけ、岡山天音扮する正義感のある記者などはもう少し、その活躍を見てみたかったものです。 それでも、一つのスクープを掴むことの並大抵でない様は充分伝わってきました。 したたかな権力者たちに立ち向かっていくことの困難さとそれでも真実を伝えようとする記者たちの姿に誰もがエールを送りたくなるでしょう。 この映画をきっかけに、勇気ある社会派映画がもっともっと制作されることを切に願います。. 。 それでもエリカは真相を探ろうと、同じ思いの杉原と共に動き出し、神崎がこの件に深く関与し、自己犠牲になったのでは? と疑念と抱き、証拠資料等を探り始める。 神崎の自宅へ行くと、亡妻が一冊のスケッチブックを見せる。 そこには、FAXに描かれていた、サングラス姿の羊のイラスト。 そして傍らに一冊の洋書。 そこには、ユタ州で生物兵器の実験場の近隣で羊の大量死が起きていたと書かれていた。 編集部もスクープ記事にと動き出すが、これだけではまだ証拠が足らない。 杉原は神崎の持っていた資料を見つけ、スマホで撮影。 エリカは神崎の後任の男を取材し、足止めさせる作戦に。 そしてスクープ記事が、東都新聞の1面を飾る。 その後には良いニュースと悪いニュースが訪れ、家族を持った杉原は、更に苦悩の道を進んでしまう.

待望の「新聞記者」を観てきました。 はっきり言って、観ることを超お勧めします。 星マークを付けるなら間違いなく5つと言いますね。 忘れることができないラストシーンは、どう感じるか考えるかは観客に委ねられています。 ラスト. 映画「新聞記者」の掲示板「みんなの「疎外感」」です。具体的な内容に踏み込んだ質問や議論などはこちらで。ネタバレ. エンディングで、信号の向こうにいく吉岡を見たときの杉原の表情。 杉原が言おうとした言葉。 なんだと思いますか? 藤井監督が、松坂桃李さんに「杉原は最後になにを言おうとしたと思う?」と問うと、監督と同じ言葉を考えていたそうです。 その言葉は、明かされていません。 杉原の言おうとした言葉を、私達に考える余地を与えてくれたことで、結果的にこの作品の余韻が続いているのではないかと思います。 想像して、私達が考える。 考えれば考えるほど、闇を感じる。 それでも、杉原が何を言おうとしたのかを考察すると。 私は、映画の中で杉原が何度も言ったあの言葉だと思います。 そう決断したんだと思いますがどうでしょうか。 →映画『新聞記者』キャストは?田中哲司が怖すぎてはまり役. 。現実社会を髣髴とさせるリアリティの重さは物語ラストの際の際まで続き、観た人に強いメッセージを投げかける作品です。. 新聞記者の映画情報。760件のネタバレレビュー・ストーリー・内容・結末・解説。藤井道人監督、シム・ウンギョン出演。東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名 fax で届いた。.

こんなにラストが気になる映画があっただろうか. 映画「新聞記者」で快挙! シム・ウンギョン起用を推した松坂桃李の先見性 /03/30 (月) 06:00. i-新聞記者ドキュメント-()の映画情報。評価レビュー 200件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:望月衣塑子。『FAKE』などの森達也が監督し、東京新聞社会部記者の望月衣塑子氏にカメラを向けたドキュメンタリー。各方面から批判を浴びながらわが道を行く彼女の姿を通して. 。その電話を最後に、神崎はビルの屋上から身を投じてしまいました。 杉原は上司の多田に詰め寄りますが、逆に、「お前、子供が生まれるそうじゃないか」と切り返されてしまいます。 神崎の通夜の日、杉原は残された妻と娘に寄り添い、群がるマスコミから守ろうとします。その様子を見ていた吉岡は、不躾な質問をした記者に対して「自分がその質問をされたらどう思いますか?」とマスコミ側を止めに入りました。 妻子を乗せたタクシーが去り、立ち去る吉岡を杉原が呼び止めます。「そっち(マスコミ)側だろ」。吉岡が「本当のことが知りたい」と言うと杉原は一言、「君には関係のないことだ」と言います。 杉原の妻(本田翼)は自宅で破水し危険な状態に。杉原が病院に駆けつけると、緊急で帝王切開し出産が終わったあとでした。妻と赤ちゃんが無事で、杉原はほっとするのでした。 内閣府付近に取材に来ていた吉岡は、杉原を見かけ声をかけます。例のFAXの羊を見せますが反応はなし。吉岡は無理矢理名刺を渡しました。 後日、帰宅する杉原を追っている吉岡。地下鉄を下り、周囲を警戒し顔を向けないまま杉原は話しかけます。神崎の自殺を止めたかったと言う杉原。吉岡は、新聞記者だった自分の父が、スクープを誤報とされ、失意のまま自死したことを語ります。その誤報が真実だったのか、そして今回のことも、なぜ神崎が家族を残して死ななければならなかったのか、それを明らかにしたいと伝えるのでした。. 。 ただ、あえて聞き取りにくい演出にすることで見る者の想像力を掻き立てる。そして何より、ラストのあの杉原の心情をこれ以上なく表しているのではないでしょうか。. 東都新聞に勤める記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、日本人の父と韓国人の母に間に生まれアメリカで育ったのちに、とある出来事をきっかけに日本で新聞記者になったという異色の経歴を持っていました。 新聞 記者 映画 ラスト ある日、彼女のもとに大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届きます。 吉岡は上司・陣野(北村有起哉)の命により、極秘情報が果たして事実なのかその裏取り調査を開始します。 一方、内閣情報調査室に勤めるエリート官僚・杉原拓海(松坂桃李)は、国家の体制維持のためには時には民間人を巻き込んでの不正な情報操作も辞さない自身の仕事と、「国民に尽くす」という理想の間で苦悩していました。 妻・奈津美(本田翼)の出産が近づく中、彼は久方ぶりに外務省時代のかつての上司・神崎(高橋和也)と再会します。しかしその数日後、神崎は意味深な言葉を遺して投身自殺を遂げてしまいました。 極秘情報の真相を追う吉岡と、神崎が家族を遺してでも自死しなければならなかったその理由を追う杉原。 やがて二人は出会い、極秘情報の真相にして神崎が自殺を遂げた理由である“黒い真実”へと辿り着きます. 。 そのころ東都新聞社会部には、この記事を捏造だとする週刊誌のゲラが早くも届けられていました。が、他の一般紙もこの報道に追随するという報告もあり、続報に向けて吉岡は動き始めます。 杉原に電話をかける吉岡。でも杉原は電話に出ません。 すると吉岡に、知らない番号から電話がかかってきました。電話の主は名乗らずに、吉岡の父親の記事は誤報じゃありませんでしたよ、とだけ告げ切れました。長年の疑問にひとつの答えが得られた満足感を感じながらも、得体の知れない不気味さをおぼえる吉岡は、その後も杉原に電話をかけ続けます。. 「無関心は罪」 「中毒性のある映画」 「自分に似ている」 「その勇気に拍手したい」 「気づかなくてはならない」 「映画にした藤井監督の気概」 「政権という「見えない敵」」.

東都新聞社会部の女性記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)。 父は新聞記者だったが、ある件が元で、自死。 彼女の心の奥底には尊敬する父の無念の思いが込められ、それを原動力として、精力的な取材活動を続けていた。 ある日、エリカの元に、表紙にサングラス姿の羊が描かれた匿名のFAXが送信されて来る。 そこには大学新設計画に関する極秘情報が記載されていた。 現政権を振るがし兼ねない情報を元に、エリカは取材を始める。 内閣情報調査室の若手官僚・杉原(松坂桃李)は既婚者。 子供が産まれてくる以上、仕事も頑張らないといけないが、そこの業務と言えば、現政権に不都合なニュースをSNS等を使ってコントロールすると言う、仕事とは思えない仕事だった。 上司には「日本のためだ」と諭されるが、こんな処にいていいのかと、葛藤に苦しむ日々となっていた。 ある日、杉原はかつての上司・神崎(高橋和也)と再会する。 何か思い詰めた様子の神崎を心配するが、その予感は当たってしまい、数日後に神崎はビルから飛び降り自殺をする。 神崎の葬儀場。容赦ない報道陣に囲まれる遺族を、杉崎が守る。 そこには、取材目的で現れたエリカの姿。 しかしエリカは報道陣に対し、子の取材が必要ですかと問い詰める。 これが、エリカと神崎の出会いだった。. 。. 日本の政治ドラマの場合、権力側の史実に基づくとか歪曲して批判をする作品が多いです。 しかしこの作品は、史実に基づきつつ、真正面から政権批判に徹しています。 「言いたい事を代弁してくれている」と、カタルシスを感じるのは、現政権に不満や疑問を感じる人達でしょう。 また、そんな人達が大勢いると言うのが、大ヒットの証と言えます。 なので、現政権の支持者には、耳の痛い映画とも言えます。 「日本人の父と韓国人の母のもと、アメリカで育った」女性記者との設定ですが、シム・ウンギョンの日本語も完璧で立ち振る舞いも一匹狼の女性記者そのもの。 日本人記者として描いても、違和感は無かったかもしれません。 最後まで苦悩する松坂桃李のエリート官僚役は、役者としてひと皮剥けたと捉えていいでしょう。 細部まで徹底した役作りは、もっと評価されるべきです。 政治のニュースを敬遠しがち・興味が無い・テレビや新聞でしか情報を得ないと言う方には絶対に観てほしい作品です。.

大学新設計画・レイプ事件の揉み消し等と、政権下で起きた事件と酷似したエピソードが出て来ますが、本来ならば、もっとテレビや新聞等の媒体が追及して然るべき事件です。 映画なので当然、脚本の中でエンタテイメントとして昇華されています。 しかしそれが「マスメディアの代弁者として告発した」と言う扱いでいいのか? 映画化されたから良しとするのか? と、終息したと捉えるのは愚問でしょう。 メディアの動きと政権下の圧力を、観終えた後でも考えてしまいます。. 映画 i新聞記者ドキュメント ネタバレ感想 記者の望月衣塑子氏の仕事ぶりを追うことで、現状のジャーナリズムのあり方やメディアの報道姿勢に対して一石を投じつつ、現政権に対しての怒りというか腐敗ぶりを目の当たりにできるような内容になっている。. 深夜の東都新聞社会部にFAXが送られてきました。サングラスをした羊のイラストで始まるその文書は、ある大学の新設に関わる極秘情報を暴露するものでした。 夜が明けて社会部は、上からの圧力で差し替えられたと思われる一面記事の話題で持ち切りです。その記事は、文部科学省の大学教育局長が、大学の不正入学に関与していたというものでした。 社会部記者の吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、上司の陣野(北村有起哉)に呼ばれ、FAXの調査を任されます。その情報によると、通常文部科学省が管轄する大学の新設を、なぜか内閣府が主導していて、しかも経営を民間に委託するというのです。 新聞 記者 映画 ラスト 同じ日、内閣府の中にある内閣情報調査室(通称:内調)。杉原拓海(松坂桃李)は、公安が深夜につかんだ大学教育局長のスキャンダルをマスコミに流し、あっという間に局長は世間の批判にさらされることに。杉原たちは、現政権に都合の悪い人物に対して、マイナスのイメージがつく情報を探し出し(捏造し)、広く世間に拡散させているのです。 外務省からの出向である杉原は、上司の多田(田中哲司)に呼び止められ、「外務省時代の知人から連絡があったら報告するように」と言われました。 ある日、レイプ被害の会見を開いた女性に対し、ハニートラップだったことを裏付ける相関図をつくるように指示された杉原は、自分たちのしている仕事に迷いを感じ始めます。 そんなとき、外務省時代の尊敬する上司、神崎(宮野陽名)から食事の誘いの電話が入ります。日を改めて会食する二人。『国民に尽くすこと』がモットーの神崎は、実は杉原と一緒に働いていた北京大使館時代、無実であるにも関わらず、不正の責任をひとりで被った過去があったのです。 新聞 記者 映画 ラスト 新聞 記者 映画 ラスト “国のため、家族のため”と自分に言い聞かせたと遠い目をする神崎は、「俺みたいになるなよ」と杉原に言います。.

See full list on cinemarche. 映画「新聞記者」の動画を今すぐに無料で見るには動画配信サービスに登録するのが安全かつ高画質で快適に楽しむことができます! いまや動画配信サービスは多く存在しているので主要サービスにて新聞記者の動画が配信されている状況をチェックしまし. 映画『新聞記者』は、無駄のないストーリー展開とキャスト陣の演技力、特に松阪桃李の演技力の高さも相まって、骨太で重みのある映画になっています。 ラストシーンの松阪桃李の一言は、「真実とは何か. 映画「新聞記者」は現在で u-next配信中です。 初めての申し込みで31日間無料体験ができ、 無料期間中に解約も可能 です。 &92;アカデミー賞受賞作品をいますぐ見る/. 映画「新聞記者」 余韻の残るラストにマッチした主題歌が最高でした。 /st-kaiwa1 主題歌「Where have you gone」を歌うOAUとはどんなアーティストなんでしょ. 映画評 film critiques 50音順・敬称略 伊藤恵里奈 朝日新聞記者.

原案は望月衣塑子著「新聞記者」(角川新書)です。 菅官房長官の記者会見で毎回辛辣な質問をしては官邸側を困らせ、発言と解答に制限が加わった女性記者として知られる様になりました。 TwitterやFacebookもフォロワーも多く、権力側に迎合しない独自の視線が信頼を集めています。 作品のモデルになっている東京新聞は、常に権力側の動きを注視する記事を書く事で知られています。 テレビの画面内で政治討論をする場面が少しだけ登場しますが、そこに出演されています。. 『新聞記者』(しんぶんきしゃ)は、年公開の日本映画。 新聞 記者 映画 ラスト 東京新聞所属・望月衣塑子の同名の著作を原案にした、社会派サスペンスフィクション 。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描いている。. (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ シム・ウンギョン演じる新聞記者・吉岡と松坂桃李演じる内閣情報調査室の官僚・杉原が追い続ける、新設大学に関する“黒い真実”。 その正体の鍵を握る匿名FAXの表紙に描かれた絵にして、本作のテーマを示す最たる象徴こそが「両目の潰された一頭の羊」の絵です。 象徴としての、羊。キリスト教に少しでも触れたことがあれば、誰もが「迷える子羊」=「人間」という連想に至るでしょう。 それでは、告発者の描いた羊は何故、両目を潰されているのか。何故、一頭だけなのか。 新聞 記者 映画 ラスト そこには、複数の理由が存在することが考えられます。 (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ 一つはこの絵が、内閣情報調査室をはじめ何者かによる不正な情報操作を疑うことなく、ただ与えられ続ける情報という名の飼料を“盲目”的に貪ることしかできない者。すなわち、“長年維持されてきた平和”という幻想を信じる全ての日本国民を表しているためです。 自ら真実を見つめようとする態度や能力を体制側の不正なる操作によって奪われた、或いは愚かにも放棄してしまった。もはや“迷える子羊”らしく迷うこともできなくなり、同じ場所と時を過ごしていたはずの群からもはぐれ、“一頭”きりになってしまった人間。 「両目の潰された一頭の羊」ほど、その哀れな姿を最も的確に、最も冷笑的に描いた絵は他にないでしょう。 また、「同じ場所と時を過ごしていたはずの群からもはぐれ、“一頭”きりになってしまった人間」という特徴は、劇中に登場するある人物の姿とも重なります。 それは、外務省に務めていた杉原のかつての上司・神崎(高橋和也)の姿です。 日本国民と国家のために尽くした果てに何が正義で何が不正なのかが“見えなくなって”しまい、件の黒い真実に深く関わってしまったことで自死という末路=永遠の“孤独”を強いられる彼の姿もまた、「同じ場所と時を過ごしていたはずの群からもはぐれ、“一頭”きりになってしまった人間」の姿であり、「両目の潰された一頭の羊」が表しているものの一つでしょう。 (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ 加えてそのような神崎の姿は、彼の元・部下であり、かつての彼同様に理想と現実の間に苦悩し続けている杉原の未来の姿とも重なります。 そして、政府が隠蔽しようとした“黒い真実”の全容にも深く繋がっているもう. 内閣情報捜査室が、極秘に神崎をマークしていた事実を知る杉原。 一方、新聞社には大学新設計画の件で政府から圧力が。 「記事にするなと言うんですか」と憤るエリカ。 今のまま記事にすると誤報になると叱責する上司。 新聞記者だったエリカの父は、誤報が元で自ら命を絶っていた. 東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名faxで届いた。 日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。.

. See full list on spotlight-scoop. ? はい、ということで本日ご紹介するのは 「新聞記者」 「新聞記者」は 東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、若き新聞記者とエリート官僚. 女性記者役は韓国の女優、シム・ウンギョン。 若手エリート官僚を松坂桃李が演じています。 誠実に真相を追い詰める記者と、自らが置かれた立場と真実の間で最後まで苦悩する官僚が交差して行くシーンは迫真に迫る演技で、最後まで惹きつけます。 他にも、杉原の上司で無感情のまま政府の言いなりとして動く官僚・多田を演じる田中哲司など、個性的なキャストが揃い踏みです。 子供が産まれた喜びを演じる本田翼の存在は、重くて暗い作品を一瞬だけ明るくしてくれます。. 」と考えさせられるところは多く、間違いなく観て損の無い作品です。 もしご覧になる場合は物語は勿論のこと、役者さん達の繊細な演技にも是非注目していただきたいですね。 話題の新作もたくさん配信されています→U-NEXTで無料視聴♪. 記者の吉岡は、大学教育局長を取材しています。大学新設の件は、目的が不明だったため断ったと言いますが、それ以上を聞き出すことはできませんでした。 杉原は、かつての同僚・都築(高橋努)に偶然会いますが、彼が神崎の後任であること、その仕事が大学新設関連だったこと、そして自分の部署内調が神崎を追い詰めていたことを初めて知ります。 神崎を心配し電話するも通じず、自宅にも誰もいません。すると神崎から電話が.